忍者ブログ
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いや~前回の記事の後
さっさと書くつもりがこの有様でさ。
オリンピック見たりオリンピック見たりしてました。


beth406.jpg
これは最期の日のベス。
ずっと朦朧としているようでした。


beth407.jpg
ご覧のとおりのだらんだらんっぷり。
お向かいさんと話した後ヨダレを垂らしているのに気付いたそうです。


beth408.jpg
我が家は家の中で飼うの禁止なので
この時期は母と交代しながらここで寝たりしてましたが
さすがにこの日は危ういものを感じてこんな写真を撮りました。


beth409.jpg
赤ちゃんかっ!とツッコミたくなる抱っこですね。
この頃のベスは昼夜通してゆっくり寝ることも出来ていないようでした。
出ない声を振り絞って何かを訴えてくるのですが
それにどう応えればいいのか分からず
撫でてやることしかできなかったのが申し訳なかったです。


beth410.jpg
横になっていたベスが「カハッカハッ」と異様な息遣いと
身体をカクカクさせるという
明らかに自分の意思とは別な動きをし始め
目も焦点が合っていなかったので急いで家族を呼びに行きました。
父は散歩に行っていなかったのですが
この日は祖父が帰ってきている日で四人に見守られながら
息を引き取りました。

ベスにしてあげられなかったたくさんの後悔があるのですが
1つ。
ご近所さんが前飼っていたわんわは
死期が近づき、いつもの餌を食べなくなってからは
大好きなカステラを食べさせていたそうです。
その話を聞いてステキだな~ベスにもそうしてあげよう!
と心に決めていたつもりなのに
結局ベスが最後に口にしたものは食欲増進の薬でした。
食べるのを嫌がっているのにフードをふやかして口に押し込んだり
中に薬を入れて無理矢理食べさせようとしていました。
先生の話からはもう長くない、と
明らかに含んだ説明を何度も聞いていたのに
それを受け止めたくなかった私の勝手で
ベスの晩年を苦しいものにしてしまったことを
もの凄く悔やんでいます。
皆さんは大丈夫だと信じておりますが、
いち飼い主の教訓として目を通していただけておれば幸いです。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
気持ちとしては・・
カステラの話、身につまされます・・・

我が家のコギ君肝臓が悪くフードも肝臓の療治食で、獣医さんは「絶対まずい」とおっしゃる物をずっと食べています。

本犬は美味しいのかまずいのか、分って食べてるのかどうか・・(苦笑)
でも、すすんで食べるのを見たこと無いということは不味いんだろうな・・・

コーギーって食欲旺盛なはずだから・・・

一度カステラをコギ君の食卓に出してみようかな?でも、きっとその次は不味いフード食べなくなっちゃうんだろうな・・・

・・・の多い今日この頃ですが、本当にカステラの話、心に響きまくりました。
popplin 2010/03/06(Sat)10:05:48 編集
popplinさん
えらい長文になってしまってごめんなさいね(汗
あくまでもいち元飼い主としての意見ですのでサラーっと読んでいただければ。
獣医さん、言い切りますね。
でも確かにコギくん本人がどう思ってるかは謎ですが…
食に興味のない健康コギも中にはおりますし。
ベスの場合は食べ物じゃないモノまで口にしてしまうような
ハラペコギだったので、最後くらい何も気にせず
おいしいものをあげればよかった。という意味であって
普段から食べるものを制限されているとなると
事情が違ってきてしまいますねぇ…
でも「治療食」ということは食べることによって
肝臓が少しずつ良くなっていると解釈していいんでしょうか?
良くなればおいしいフードをあげたいし、
でもまた悪化してまずいかもしれないフードに戻って
食べなくなってしまうのも怖いですし…
う~~~む、悩ましい問題ですね。
コギくんはまだ9歳と若いですが、いつか本当に
永くないな、もうすぐだな、という時期が来てしまったときには
獣医さんと相談して、もし治療食より前に食べていた
好きなものがあればそれをあげてみるのも1つの方法かな、と思います。
でも1番大切なのはその子にとって心落ち着くことが何なのか、
ベスの場合はおいしいものを、というのがいくつかある中の方法でしたが
食に興味がないのならそれより別のことをしてあげたほうが良いでしょうし
飼い主が傍にいてあげるとか、優しい声をかけてあげるとか
好きな場所を撫でてあげるとか、
その子にとって何が嬉しいか、心休まるのかを見極めて実行することが
飼い主には求められるのかもしれませんね。
見送ってから自分が過去を後悔するかどうかは人それぞれだと思いますが
今のうちからどうしてあげるのか考えることはいいことだと思いますよ。
四六時中考えると暗くなっちゃいそうでそれが
コギくんに不安を与えるようなことになってはいけないので
時々、「あ、こういうの好きだな」って思ったことをメモってみるとか、
前向きな準備はいかがでしょう?
べったん 2010/03/06(Sat)17:00:42 編集
ベスの最期
ベスが旅立った日の様子がよくわかったよ。
と同時に、私の悲しかった人思い出し…(・ω・)
私は先に2匹のハリネズミを亡くしたけど、
その時は今のアトムみたいに家族のみんなが
その子たちに夢中というわけではなかったから…
私一人で泣いて、私一人で喪中状態だったんだ、実は。
だから家族に見守られて旅立ったベスス、
きっと幸せだったと思うよ。
みんなに愛されていた様子が、今回のブログを読んでさらによくわかったよ。
カステラの話はとても心に残る話だったので、
そのまま心の中にそっとしまっておくことにする…
何か取りまとめのないコメントでごめんよ(汗)
amikoda URL 2010/03/06(Sat)21:19:50 編集
有難うございます
なんか、べったんさんにお気遣いさせてしまって申し訳ないです(汗)

獣医さんのおっしゃる「まずい」っていうのはいつも「もしかして先生食べた?」なんて突っ込みたくなる時もあります(笑)

元々我が家のコギ君は人間の食べ物に興味が無いのか私達が食事してても「欲しい欲しい」をしないんです。

ちょっと分りにくいけど、食が細いわけじゃないけれど、食いつきは悪いです。
最初の20粒ぐらいを私の手から直接食べてからやっと一犬で食べるようなタイプなんですよね。

もしかしたら自分で食事管理してるのかもしれませんね。

もし、今以上に食に対して興味がなくなってきたら先生に相談して先生の味見の結果で少しでも美味しいフードを紹介してもらうことにします。

ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
有難うござざいました♪
popplin 2010/03/07(Sun)12:05:25 編集
amikodaさん
アトムの誕生日前後に暗い話でごめんなさいね。
そっか、ハリ達の旅立ちはamikodaさん1人で見送ったのですね。
う~ん、確かにそれはしょんぼりですね。
近くで一緒に悲しみを分かち合ってくれる人がいることって
ありがたいことなんですね。
カステラの話はホントに悔しくて仕方ありません。
せっかくいいこと聞いたのに実践できなくて。
どうぞ心の中にそっとしまっておいてくださいませ。
…なんか私も取りまとめのないコメントでごめんなさいね(汗
べったん 2010/03/08(Mon)21:53:16 編集
popplinさん
気遣いなんてとんでもない。
もうただのおせっかいおばさんですよ!

コギくん人間の食べ物にも興味なしですか!
食自身に興味が少ないように思えますね。
「自分で食事管理」かっこいー!
ベスとは縁遠すぎてめっちゃかっこよい響き^^
そういえばある人間が犬用ジャーキーを口にして
犬はこんなにいいもんくってんのか。
と言ったとか。うん。先生もきっと食べてますね!(笑

まぁ、老後のことは置いておいて、今を生きる!
がなんだかんだで1番大切ってことでしょうねぇ。
…あれ、結局超普通な意見になってしまいました(汗
べったん 2010/03/08(Mon)22:01:01 編集
無題
ベスちゃん、きっとべったんさんい感謝してると思うよ。どんな形をとったって本当の愛情さえあれば伝わっています。
心配しないで。大丈夫、ベスちゃんはきっとべったんさんを愛してたと思う。
ちびママ URL 2010/03/09(Tue)22:10:55 編集
ちびママさん
優しいお言葉ありがとうございます^^
ベスの気持ちを知る術はありませんが
少しでもそう思ってくれたことがあれば
自己満足ですが嬉しいです。
でも後悔と申し訳ない気持ちが消えることはないと思います。
私みたいな飼い主がたくさんいると思うので
少しでもそういう気持ちを減らせるように
という思いで書きました。
べったん 2010/03/14(Sun)10:10:39 編集
初めまして
初めまして。
わたしもコーギーを飼っていた1人です。
動物病院勤務の24歳の女です♪
実は前からべったんさんのブログを拝見させて頂いてました☆
コメントを残すのは、タイトル通り初めてでございます。

前からこのブログの存在を知っていたので、この記事をもっと早く見ればよかったと、思っています。
わたしもべったんさんと同じ様な後悔をしたからです。
とても心が痛み、夜中に思わず書き込みをしてしまいました;;;
やっぱり、コーギーはガツガツ食べていてほしいものですね。
そんな所も含めて、やっぱりコーギーが一番です(^ー^)


突然長文を失礼致しました。
あーか 2010/05/16(Sun)01:06:20 編集
あーかさん
初めまして!早速の遅刻お返事ごめんなさい~
コメントありがとうございます!

あーかさんは動物病院勤務でらっしゃる!
大変なお仕事ですよね。もうほんとありがとうございます。
命の現場で働くのは体力も精神力も知識や技術も
毎日たくさん必要ですもんね。
頭が下がるばかりです。

あーかさんのように知識があるとそれもまた
生き延びてくれる手段をいろいろ考えてしまいますよね。
この後悔の念が消えることはないと思いますが
この思いを糧にすることで他のペットや飼い主さんたちに
少しでも同じ思いをさせないようにできれば…
と思って書きました。
動物医療の進化も素晴らしいものがあるようなので
一概に「絶対こうして!」とは言いづらいし
あーかさんのような職業だと余計そうかもしれませんが…
やっぱり晩年は安らかに過ごして逝ってほしいな
と思ってしまうのであります。
う~む、難しい…

ところでコメント拝見しますとあーかさんもコギ飼いさんだったのでしょうか?
コギはいいですよね~やっぱりいいですよねえ~~!
散歩してる人がいればコギか、
新聞の折込チラシがあればコギはいないか、
ペット用品の写真にコギはいないか探してしまう病です(笑
べったん 2010/05/21(Fri)14:03:41 編集
返信ありがとうございます☆
べったんさんの返信を見たら、
なんだか憧れの人に近づけた様な気になってしまいました。笑

動物病院勤務ですが、わたし自身は大した奴ではなく…
知識も技術もまだまだです。
でも家の子を看ている時、初めてこの職業に就いてよかったと感じました。
そうなんです。わたしも長年コーギーを飼っていました。
コーギーしか興味がないです☆笑
コーギー載ってるか探すのすごく分かります!!!

この職業だからこそなのか、
薬の内服や食事の制限など厳しくやってしまった所がありました。
でもそれが家のコにとっては、苦痛でしかなかっただろうと後悔が残ります。
べったんさんの言う通りで、この後悔は消える事はないと思います。

後悔ばかりを引きずっていてはいけないと頭では思うんですが、なかなか…。
でもこうしてコーギー好きの、前からブログ拝見していたべったんさんと、お話しが出来てわたしはよかったと勝手に思っております(^O^)

文章にまとまりなく、伝わりづらく申し訳ないです。本当に返信ありがとうございました☆
あーか 2010/05/23(Sun)23:06:30 編集
あーかさん
こちらこそあーかさんにコメント頂いて嬉しかったです^^
憧れの人だなんてとんでもないですよ。
もう本当にシャレならんどうしようもない輩ですから…

長い時間を一緒に過ごせば良い事も悪いこともありますが
何はともあれ少しでも動物も人間も安らかな気持ちで
旅立てる最期が増えることを祈るばかりでっす。

やっぱりコギ飼いさんだったんですね!
それはそれはもうかわいかったことでしょうなぁ…(妄想中
まぁかわいくないコギなんていませんけど^^
べったん 2010/05/25(Tue)22:00:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
 名前:ベス
 誕生:1994/7/20
 年齢:14歳
 性別:メス
 趣味:鎖舐め

 飼主:べったん
アーカイブ

アクセス解析
カウンター
ゲーム

遊んでます
忍者ブログ [PR]